製品の製造工場でのバーコードリーダーの選び方

バーコードを読み取る機械の事をバーコードリーダーと言いますが、バーコードには数字やアルファベットなどの文字列が格納されており、機械を使って読み取る事で様々な利用が出来ます。製品を製造する工場などでは、ラインから送られて来るダンボール箱にバーコードを付けておくことでバーコードリーダーを使ってバーコードを読み取り、その情報をパソコンに送信する事でどのような製品の製造が完了したのかなどを把握を行う事も出来ます。

この場合のバーコードリーダーの選び方としては、ハンディータイプであると同時に、読み込んだデータは瞬時にパソコンに情報が送信されるなどが必要となりますので、ワイヤレスでの送信が可能なタイプを選ぶと言った選び方になるわけです。

一方、製造した商品を出荷する場合には、発送が必要なリストもしくは伝票に記されたバーコードとの照合が必要になります。



照合はリストもしくは伝票に記載されている製品のバーコードと製品に付いているバーコードをそれぞれ照合する事で、出荷がg必要となる製品を間違いなく出荷できると言うメリットが有ります。



この場合は、照合が目的となりますので、パソコンとの通信などを行う必要が無く、照合だけが可能なバーコードリーダーの選び方となるわけです。



因みに、バーコードリーダーには読み取りを行うためのモードと言うものがあり、伝票に数量が10個となっていた場合、製品10個に対して1対1で読み取るのではなく、伝票のバーコードを読み込み、後は製品10個のバーコードを読み取る、1:Nと言う読み取りの方法も有ります。

1:Nを使う事で、10個の製品のバーコードの照合と10個と言う個数の確認も行うことが出来るのです。